ホーム > ミニ情報 > 乳房超音波検査について


ミニ情報

乳房超音波検査について

乳がん検診をうけましょう

乳がん検診を受けましょう


厚生労働省の乳がん検診の指針では
40歳以上の方を対象にマンモグラフィと視触診の併用検診を
2年に1度実施することが原則となっています。
乳房検診の画像検査には
乳房のレントゲン撮影であるマンモグラフィ(乳房X線)検査と
乳房に超音波をあて検査するエコー(超音波)検査があります。
それぞれの検査には特徴があり
年齢や乳腺の厚さによって適している検査は異なります。
  マンモグラフィ(乳房X線) エコー(超音波)
方法 片方ずつ乳房全体をプラスチック板に挟み
乳腺を薄く平らにして撮影します
超音波を出す小さな器具を直接乳房にあて
少しずつ動かしながら乳腺内を検査します
特徴 乳がんの初期病変の1つである
微細な石灰化病変の検出に優れています
乳腺の厚さに影響を受けにくいので
乳腺密度の高い乳房(高濃度乳房)内の
腫瘍を見つけるのに適しています
妊娠中・授乳中・豊胸術
心臓ペースメーカーや除細動器使用の方は
受診できません
心臓ペースメーカーや除細動器使用の方
妊娠中・授乳中・豊胸術(一部の)の方でも
受診できる事がありますのでご相談下さい
効果 40歳以上の乳がん検診に適していることが
データで確認されています
現在厚生労働省が実施する研究で
40歳代の女性に対し有効性の検証が
進められています
お勧めの方 乳房が大きく深部まで超音波が届かない方
乳腺が委縮し脂肪に置き換わっている方
一般的に高齢の方
乳腺密度の高い方
一般的に若い方
料金 マンモグラフィ 1方向 4,990円
マンモグラフィ 2方向 6,000円
超音波 5,940円
マンモグラフィに追加する場合 3,780円

※料金は施設検診にオプションとして実施する場合の金額です。