ホーム > 健診について > 施設内健診 > 人間ドック オプション


施設内健診

人間ドック オプション

項目料金説明
new017_01.png
MCIスクリーニング検査
21,600円 アルツハイマー病の前段階である軽度認知障害(MCI)の
リスクを判定する血液検査です。

MCIとは健常者と認知症の中間の段階を指します。
日常生活には差し支えありませんが、そのまま過ごすと約5年でその半数以上が認知症に進行すると言われています。MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができます。
血圧脈波(CAVI/ABI)検査 1,404円 動脈の硬さ、動脈の詰まり、血管年齢がわかります。

アディポネクチン検査
2,700円 血液で生活習慣病・心筋梗塞・脳卒中などによるリスクがわかります。
また、かくれ肥満(内蔵脂肪型肥満)の発見につながります。
生活改善コース 5,400円 内臓脂肪型肥満の方にお勧めです。
効果的で実践可能な生活目標をアドバイスします。
★特典あり
BNP検査 1,512円 心電図だけでは検出できない心臓病の早期発見につながります。
アレルギー検査
(39項目)
15,444円 一般的な39項目について検査します。
スギ、ヒノキなどの吸入性花粉系  8項目
カビ、ダニ、ハウスダストなどの 10項目
卵白、ミルクなどの食物性  20項目
その他 ラテックス  1項目
肝炎ウイルス検査
(B型・C型ウイルス)
2,268円 肝がんの約9割は、B型・C型肝炎ウィルスが原因と考えられています。
次の方は、ぜひお受けください。

  1. 過去に肝機能異常の指摘を受けたことがある方
  2. 大きな手術を受けた方や、妊娠・分娩時に多量出血した方
腹部超音波検査 4,752円 腹部スクリーニングの手段として最適な検査方法です。
腹部に超音波をあて、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・大動脈などの形・大きさ・病変を画像化し
観察します。
胃内視鏡検査 16,200円
(差額 8,316円)
バリウム検査が苦手な方にお勧めします。
胃カメラを口から入れて胃や十二指腸の状態を観察し、病気の有無を調べます。
ペプシノゲン検査 2,052円 両方の検査を受けることによって、胃がんのリスクがわかります。
ペプシノゲン検査は胃粘膜委縮マーカーです。
ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因と言われています。
ピロリ菌検査 1,620円
腫瘍マーカー
 3項目セット
3,996円 CEA+AFP+CA19-9検査のセット
正常な細胞に比べ、がん細胞で特に多量につくられる物質を腫瘍マーカーといい、がんの有無や種類などを知る目安になります。
「腫瘍マーカーについて」の説明ページへ
腫瘍マーカー
 男性におすすめセット
5,778円 「3項目セット」+PSA
腫瘍マーカー
 女性におすすめセット
5,724円 「3項目セット」+CA125
CEA(腫瘍マーカー) 1,296円 消化器系(主に大腸がん)検査
他に胃・膵臓・肝臓・胆のう等の消化管、肺がん、子宮・卵巣がん、乳がんでも高値を示します。
がんの初期には陽性率は低く、がんの進行により高値を示します。
AFP(腫瘍マーカー) 1,296円 肝臓がん検査
他に精巣・卵巣腫瘍でも高値を示します。
胚芽腫、肝炎、肝硬変、劇症肝炎でも高値を示すことがあります。
CA19-9(腫瘍マーカー) 1,620円 消化器系(主に膵臓がん・胆管がん)検査
肝臓・大腸がんでも高値を示すが、膵炎・胆石など良性疾患でも高値を示します。CEAと合わせて測定することにより、すい臓がんの正診率は高くなります。
前立腺がん検査
(PSA腫瘍マーカー)
1,782円 50歳以上の男性の方に前立腺がんが増えています。
尿が出にくい、尿回数が多い、下腹部不快感、残尿感などの症状がある方にお勧めします。
CA125(腫瘍マーカー) 1,728円 卵巣がん(女性)検査
子宮内膜症の診断にも用いられます。
月経時や、妊娠初期、肝硬変、膵炎でも高くなる傾向があります。
SCC(腫瘍マーカー) 1,296円 肺がん(扁平上皮がん)・子宮がん検査
食道がんなどの扁平上皮がんでも高値を示します。
扁平上皮に由来するため、それらの臓器の良性疾患でも検出されます。
NSE(腫瘍マーカー) 1,620円 神経系腫瘍・肺がん(小細胞がん)検査
他に神経芽細胞腫・すい臓がんで高値を示します。
TSH、FT3、FT4
(甲状腺ホルモン検査)
4,428円 甲状腺ホルモン検査
甲状腺疾患は、女性に多く認められる傾向があります。この疾患は症状が多様でどこが悪いのかわかりにくく、きちんと診断されずに悩んでいる方が少なくないようです。
血液検査によって甲状腺機能の状態がわかり、治療改善につながることもあります。
アミノインデックス検査 男性5種セット
23,760円
複数のがんリスクを検査できます。
健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんである可能性を予測する検査です。

アミノインデックス検査」説明ページへ
女性6種セット
23,760円
骨粗鬆症検査 1,566円 特に閉経前後の女性は、一度チェックしましょう。
前腕部の骨密度を二重X線で測定します。
ヘリカルCT検査 8,640円 喫煙者・粉塵・アスベスト作業歴のある方にお勧めします。
肺全体を30数枚の輪切り像にして透かすように詳細に調べることができます。
喀痰検査 2,808円 喫煙者で咳・痰のでる方にお勧めします。
喀痰細胞診検査です。
睡眠時無呼吸検査 1,674円 時々止まる大きないびき・日中の眠気が気になる方にお勧めします。
睡眠中の血液中酸素飽和度の変化をパルスオキシメーターで測定します。
子宮がん検診 頸部 3,780円 20歳代の子宮頸がんが増えています。
頸体部 5,454円 頸体部の検査は、特に50歳以上の方にお勧めします。
(頸体部料金:頸部に追加料金 1,674円)
HPV検査 4,423円 子宮頸がんの原因ウイルス(HPV)の感染を調べます。
(子宮がん検診に追加して実施)
乳がん検診 1方向 3,780円 マンモグラフィ検査は40歳以上の方にお勧めです。
超音波検査は、乳腺の発達した若年の方にお勧めです。


マンモグラフィ検査又は超音波検査で早期がんを発見します。
2方向 5,400円
超音波 5,400円