ホーム > トピックス > 10月はピンクリボン運動キャンペーン月間です


  • じっくり全身をチェック!人間ドック
  • 協会けんぽにご加入の方 生活習慣病予防健診
  • 癌や結核等の健診を健診カーで実施します 集団検診
検診のお申込についてインターネットからのお問い合わせは
お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
健診申込書ダウンロード
  • よくある質問
  • 健康についてのミニ情報
  • 富山県健康増進センターの採用案内です。
詳しくはこちらから
QR 携帯電話から情報をご覧いただけます。
QRコードを読み込んでください。

トピックス

10月はピンクリボン運動キャンペーン月間です

ribbon_pink[1].png乳がんは、現在、女性が罹患するがんの中で一番多いがんで、日本人女性の9人に1人が罹患するといわれています。早期発見での治癒率は高いがんですが、全国的に検診の受診率は低く、毎年約1万4千人を超える女性が命を落としています。
 セルフチェックと定期検診のダブルチェックで早期発見に努めましょう。

厚生労働省の乳がん検診の指針では、40歳以上の方を対象に問診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)を2年に1度実施することを推奨しています。

なお、30歳代の女性については、指針に規定する乳がん検診の対象と はならないものの、罹患率が上昇傾向にあることを踏まえ、自己触診の重要性 及び異常がある場合の専門医療機関への早期受診等に関する指導を行うことが勧められています。

毎月のチェックで安心!乳がんのセルフチェック

nyugan_self-3.jpg

毎月、生理が終わって4~5日後くらいに、また閉経後は日を決めて行ってください。定期的にセルフチェックをしているうちに自分の乳房の普通の状態がわかり、異常を早く見つけられるようになります。
次のような症状を見つけたら、定期検診を待たずに専門医の診察を受けましょう。

乳房のしこり、乳房のくぼみ、乳頭からの血のような分泌液、乳房の皮膚の赤い腫れ、わきの下のリンパ節の腫れ、腕のむくみ・しびれ。

nyugan_self-1-1.jpg

nyugan_self-1-2.jpg

nyugan_self-1-3.jpg

nyugan_self-1-4.jpg